多くの人が求人を求めて、訪れるサイトがリクナビNEXTです。求職者が求めている情報も、求人企業が求めている人材も、提供することのできるサイトでもあります。そんなサイトの掲載料ですが、地域によって代わってきます。全国版や四国など、金額に差があります。全国版で求人を出すのか、ピンポイントの地域に向けて求人をだすのかがあります。全国版が一番高く、あとはその地域ごとに、掲載料がかわります。また、求めていた人材が来なかった場合は、掲載期間が伸びます。より多くの人の目に止まる可能性があります。その中から、即戦力の人材が出てきたら、業務も捗ります。一度掲載しても、誰からも面接に来てもらえないのでは困ります。それ故に、この延長制度は、大変ありがたいです。ゆっくりと欲しい人材を探すことができ、即戦力として活躍してもらえます。

リクナビNEXTの掲載料について

普段、利用している求人サイト。求人サイトの中で、リクナビNEXTの掲載料は気になりますよね。全国募集だと18万円からで、東海・関西だと13万円からで、沖縄・九州・四国・中国・北信越・東北・北海道だと12万円からです。地域によって金額の差がありますが、企業もしっかりした求人を載せるはずですので、疎かにはできないはずです。仮に、掲載期間に採用できなかった場合はどうするのでしょうか。掲載期間中に採用決定が1名も出なかった場合は、無料でプラス2週間の掲載延長が出来ます。採用者が出ない場合に、掲載料が倍掛かったら企業も痛手のはずですので、企業にとっては嬉しい限りです。その他にコンテンツも充実していて、豊富な採用成功事例が閲覧できたり求職者をいつでも自由に閲覧・検索できます。あと、採用ノウハウの掲載や中途採用情報メルマガの登録者限定で、求職者情報も見られます。一度、リクナビNEXTを利用するのも、求職者にとっても企業にとっても架け橋になりますね。

リクナビNEXTの掲載料について

転職を試みたことがある人であれば、リクナビNEXTを知っている方も多いと思われます。転職情報サイトの中でも規模が大きく、多種多様な職場の募集内容が掲載されています。しかしながら、募集を依頼する会社側としては掲載料が決して安くないと考えている会社も多いのではないでしょうか。募集を載せたからといって、必ずしも応募者が集まるわけではありません。しかしながら、掲載料を渋ってリクナビNEXTよりもマイナーな転職サイトを利用した場合、さらに人が集まらなくなる可能性も十分に考えられます。その辺の決断が、会社側としては非常に難しい部分であると言えるかもしれません。それでもより多くの人材に対して自社をアピールするためには、リクナビNEXTのような日本全国に展開している転職情報サイトを利用した方が、採算度外視で良い人材を獲得できる可能性は上がると言えるかもしれません。